フランス語会話学校エコールサンパの講師2018-03-12T14:12:54+00:00

フランス語のプロであり、
話しやすいネイティブ講師

フランス語を教える知識やセンスのある講師。これが採用の必須条件です。しかしそれだけではありません。生徒さんにとって話しやすい、親しみのもてる人柄も重要ポイントです。そうした講師の気質と技術によって、活発な会話が生まれるからです。これらの条件に沿う若手講師の早期育成を目指し、教育機会も充実させています。

資格とセンスを重視した採用基準

フランス語圏の大学で言語教授資格を取得した人、またはセンスと経験がある人。これを採用条件の大前提にしています。さらに会話が弾む場づくりのセンス、話しやすい雰囲気も重要。そうした資質も採用時に慎重にチェックしています。

充実の講師育成システムで熟練の技術を共有

入社時研修では、5教室共通指導要綱に沿ったレッスンの進め方や、教材の使い方を学びます。ベテラン講師の技術も伝授します。試用期間中はマネージャーがクラスに入ってレッスンをしっかりチェック。生徒さんに感想を伺う場合もあります。こうして若手の指導力を早期に引き上げ、さらに全校の全体的な質向上のため、定期全体研修も行っています。

生徒さんの立場を熟知。親身になってアドバイスするカウンセラー

専属カウンセラーもあなたの強い味方。生徒さんが最適な環境で学び、計画を早く実現できるよう、丁寧なカウンセリングを行います。彼女達は日本語を母語とし、日本でフランス語の勉強を始めています。ほとんどが留学経験のあるスタッフです。そうした立場ならではのアドバイスを行い、フランス文化との橋渡し役も務めます。生徒さん視点を常に忘れずより良いサービスを考えるために、教室でのレッスンにも参加しています。

教室を統括するマネージャー

マネージャーは監督のような立場。レッスンの質を管理し講師の育成を助け、生徒さんの学習環境改善策を考えます。教室ごとのイベントも企画しています。

お問い合わせフォーム
メルマガ登録はこちら

入門クラスの開講情報