まずは無料体験

DELF A2 レッスン2 : マリーの実家にて

DELF A2 レッスン2

マリーとクリストフは、マリーのお父さんの家にランチにやってきました。

Marie et Christophe sont chez le père de Marie pour le déjeuner.

*ページの一番下にあるコメント欄で質問ができます。
もし何か分からないことがあれば、遠慮なくコメントしてくださいね。

Bernard (le père) :
Bonjour les enfants, je vous attendais.

Marie :
Bonjour papa. Désolée, il y avait du monde sur la route.

Bernard :
Bonjour Christophe, ça fait longtemps. Comment tu vas ?

Christophe :
Ça va bien et vous Bernard ?

Bernard :
Ça va. Mais tu peux me tutoyer.

Christophe :
Ah oui…

Marie :
Christophe est très poli.

Bernard :
Bon allez, entrez, le déjeuner est prêt.

ベルナール(父):
こんにちは、待っていたよ。

マリー:
こんにちは、パパ。ごめんね、道が混んでて。

ベルナール:
こんにちは、クリストフ。久しぶりだね。元気にしてる?

クリストフ:
はい、元気です。ベルナールさんはいかがですか?

ベルナール:
元気だよ。でもそんなに畏まって話さなくて良いんだよ。

クリストフ:
あ、うん…。

マリー:
クリストフは礼儀正しいんだよね。

ベルナール:
よし、さあ入って、お昼ご飯ができているよ。

単語と表現

※表は横にスクロールできます。

un enfant (名)子ども
attendre (動)待つ
désolé(e) ごめん、すみません
il y a du monde 人がいる、混んでいる
une route (名)道路
sur la route 道路で、道中で
ça fait longtemps 久しぶり
tutoyer (動)tuを使って話す、親しげに話す
poli(e) (形)礼儀正しい

今日のポイント

半過去

半過去は、状況を説明する時や、過去の習慣について話す時に使います。
活用は、現在形の動詞をnousに活用させた時の形を土台にします。

例:
Nous attendons → J’attendais
Nous avons → Il y avait

直接目的の人称代名詞

「動詞+ひと、もの」の形をとる動詞を、他動詞といいます。

他動詞の後ろには、すぐに目的語を置きますが、この目的語のことを「直接目的語」と言います。

これを直接目的の人称代名詞に置き換えると、通常の代名詞のように、動詞の前や不定詞の前に置くことができます。

例:
Je vous attendais. / あなたたちを待っていました
Tu peux me tutoyer. / 私にtuを使って話していいよ

ミニクイズ

/
次から正しい文章を選んでください。
Christophe est (...) avec Bernard.
適切なものを選び、正しい文を完成させてください。
Si vous avez une question (...)
適切なものを選び、正しい文を完成させてください。
答えを確認する

体験レッスンで、今回勉強したことの続きを学んでみませんか?

体験は完全無料です。予約フォーム内の自由記入欄に、リクエストを記載いただければ、体験レッスンの内容をある程度カスタマイズすることができます。
ぜひこの機会にお試しください。

フランス語体験レッスンのご予約はこちら

はじめてなのに、通じる。
そんな感覚を、初回体験レッスンから。

経験のある方は、
今後の学習に対するヒントが必ず得られます。

都内教室またはオンラインで受講いただけます。
ご希望の教室をクリックしてください。

オンライン
阿佐ケ谷
自由が丘
表参道