まずは無料体験

DELF B1 レッスン2 : ドラマについて話す

DELF B1 レッスン2

マリーとクリストフは引っ越しを終えて、リビングのテレビの前で、新居最初の夜を過ごしています。

Marie et Christophe ont fini d’emménager et ils passent leur première vraie soirée dans le salon, devant la télé.

*ページの一番下にあるコメント欄で質問ができます。
もし何か分からないことがあれば、遠慮なくコメントしてくださいね。

Christophe :
Cool, le sofa est nickel ici !

Marie :
N’est-ce pas ! Bon, on regarde quoi ?

Christophe :
Alors, hier j’ai un peu cherché sur Netflix, où il y a pas mal de bonnes séries. Je te propose la série Lupin. J’avais lu les romans avant et je pense que ça vaut le coup.

Marie :
Ah oui, c’est la série dont Omar Sy est le personnage principal, non ?

Christophe :
Ouais, et c’est très populaire à l’étranger aussi !

Marie :
Oui, je crois que les Japonais en ont fait un dessin animé. Mais ça raconte quoi exactement ?

Christophe :
C’est l’histoire d’un garçon qui veut se venger d’une famille qui a accusé à tort son père. Du coup, il s’inspire d’Arsène Lupin pour voler un collier.

Marie :
Ok, c’est parti !

クリストフ:
いいね、このソファここで完璧!

マリー:
でしょう!さて、何見る?

クリストフ:
昨日ちょっとネットフリックスで探してみたんだ。良さそうなドラマが結構あってさ。ルパンってドラマはどうかな。前に小説は読んだんだけど、これは見る価値があると思うな。

マリー:
あ、オマール・シーが主演しているドラマじゃない?

クリストフ:
そうそう、海外でもすごく人気なんだよ!

マリー:
うん、日本人はこれでアニメも作ったんじゃなかったかな。でもこれ、なんの話なの?

クリストフ:
不正に父親を陥れた家族に、復讐しようとする話なんだ。彼はネックレスを盗むのを、アルセーヌ・ルパンから思いつくんだ。

マリー:
オッケー、始めよう!

単語と表現

※表は横にスクロールできます。

nickel (形)完全な
Ça vaut le coup それだけの価値がある
une série (名)ドラマ
le personnage principal (名)主人公
raconter (動)話す
se venger (動)復讐する
accuser à tort 不正に罪に問う
s’inspirer de ~から思いつく

今日のポイント

大過去

大過去は、複合過去よりも前に起きた動作について説明したい時に使います。
2つ目の動作の準備のようなかたちで、使われていることが多いです。

作り方:avoir か êtreの半過去形 + 動詞の完了形

例:
Hier, j’ai cherché sur Netflix. J’avais lu les romans avant.
昨日、ネットフリックスで探した。その前に、小説を読んでいた。

J’étais allé à l’office du tourisme et après j’ai voyagé.
旅行会社に行って、そのあと旅行した。

関係詞“où”

この関係詞は、共通の場所・期間について話している2つの文章を1つに合わせる時に使います。

2つ目の動詞には、場所を示す前置詞(à, dans, en, sur,…)がくっついているはずです。

例:

J’aime Netflix. Il y a pas mal de bonnes séries sur Netflix.
ネットフリックスが好きです。ネットフリックスには、良さそうなドラマが結構あります。
J’aime Netflix il y a pas mal de bonnes séries.
良さそうなドラマが結構あるネットフリックスが好きです。

Je regarde ce restaurant. Tu vas souvent à ce restaurant.
このレストランを見ているんだ。君はこのレストランによく行くよね。
Je regarde ce restaurant tu vas souvent.
君がよく行くレストランを見ているんだ。

関係詞“dont”

この関係詞も、2つの文章を1つにする役割があります。

二つ目に出てくる動詞や名詞に、前置詞“de”がくっついていると、使うことができます。

例(動詞+de):

Mon ami est espagnol. Je t’ai parlé de cet ami.
私の友達はスペイン人。この友達について君に話したよね。

Mon ami dont je t’ai parlé est espagnol.
私が君に話した友達は、スペイン人なんだ。

例(名詞+de):

J’ai un ami. La mère de cet ami est célèbre.
一人友達がいる。その友達のお母さんは有名だ。

J’ai un ami dont la mère est célèbre.
私には、お母さんが有名な友達が一人いる。

フランス語文法の鬼門!難しい関係代名詞をわかりやすく解説します【qui, que, dont, où】

関係詞について、もっと知りたいという方は、こちらの記事がオススメです。

関係詞のoù, dontに加えて、よく使う関係代名詞“qui, que”も解説しています!

詳細はこちら≫

ミニクイズ

/
次から正しい文章を選んでください。
次から正しい文章を選んでください。
Christophe…
次に続く適切な文章を選んでください。
答えを確認する

体験レッスンで、今回勉強したことの続きを学んでみませんか?

体験は完全無料です。予約フォーム内の自由記入欄に、リクエストを記載いただければ、体験レッスンの内容をある程度カスタマイズすることができます。
ぜひこの機会にお試しください。

フランス語体験レッスンのご予約はこちら

はじめてなのに、通じる。
そんな感覚を、初回体験レッスンから。

経験のある方は、
今後の学習に対するヒントが必ず得られます。

都内教室またはオンラインで受講いただけます。
ご希望の教室をクリックしてください。

オンライン
阿佐ケ谷
自由が丘
表参道