まずは無料体験

DELF B2 レッスン2 : 苦情を言う

DELF-B2-レッスン2

深夜です。クリストフは、隣の家のドアをノックします。

Il est minuit et Christophe toque à la porte de son voisin.

*ページの一番下にあるコメント欄で質問ができます。
もし何か分からないことがあれば、遠慮なくコメントしてくださいね。

Le voisin :
Qu’est-ce qu’il y a ?

Christophe :
Excusez-moi mais vous savez l’heure qu’il est ?

Le voisin :
Non, vous me dérangez pour ça ?

Christophe :
C’est vous qui dérangez avec votre musique…

Le voisin :
Bah quoi, vous aimez pas le rock ?

Christophe :
Je voudrais dormir surtout. Quand vous aurez arrêté, je pourrai peut-être y arriver…

Marie :
Bon j’interviens parce que ça dure trop longtemps. Monsieur, arrêtez votre musique tout de suite. On arrive pas à fermer l’œil avec tout ce boucan.

Le voisin :
Oh ça suffit maintenant, on vit dans un pays libre ! Laissez-moi tranquille !

Marie :
Ce que vous faites s’appelle le tapage nocturne et c’est puni par la loi. Donc ou vous arrêtez, ou j’appelle les flics là maintenant. Je porte plainte et je vous poursuis devant le tribunal de police.

Le voisin :
Oulà, c’est pas la peine de vous énerver ! Je vais mettre un casque, ok ?

Marie :
Ça vaut mieux pour tout le monde.

隣人:
何ですか?

クリストフ:
すみませんが、今何時だかお分かりですか?

隣人:
いいえ、そんなことのために私の邪魔をしに来たんですか?

クリストフ:
迷惑なのはそちらです、そちらの音楽ですよ…。

隣人:
何、ロック好きじゃないんですか?

クリストフ:
寝たいってことですよ。そちらが止めてくれたら、寝付けるんです…。

マリー:
ねえちょっと、長くなりそうだから割り込むけど。すぐに音楽止めてください。ひどい騒音で眠れないんですよこっちは。

隣人:
なんだしつこいな、自由の国に住んでんだから!放っておいてくださいよ!

マリー:
あなたがやってることは夜間の騒音っていうんですよ。これ、法律で罰せられますからね。音楽止めるか、私が警察呼ぶかどっちかですよ。私、苦情申し立てしてあなたのこと訴えますからね。

隣人:
うわ、そんな怒らないでください!ヘッドホンをつけます。これでいいでしょ?

マリー:
全員にとってありがたいでしょうね。

単語と表現

※表は横にスクロールできます。

Bah quoi
intervenir 干渉する
fermer l’œil 眠る
le boucan (名・俗語)大騒ぎ、ひどい騒音
le tapage nocturne 夜間の騒音
puni par la loi 法律で罰せられる
les flics (名・俗語)警察官
porter plainte 訴える
poursuivre (en justice) (動)告訴する
le tribunal de police 違警罪裁判所
C’est pas la peine その必要はない、それには及ばない

今日のポイント

前未来形

前未来形は、単純未来の前に起こった動作に使います。未来の結果について話す時に使うかたちです。

前未来形:avoirもしくはêtreの単純未来形 + 過去分詞

例:

Quand vous aurez arrêté la musique, je dormirai.
そちらが音楽を止めてくれたら、私は寝付けるんです。

Quand tu seras arrivée en Italie, tu m’enverras un message.
君がイタリアについたら、メッセージを送ってね。

Ou… ou (bien)…

この言い回しは、代替案を提示するときや、選択肢をひとつのみ与えるときに使います。つまり、他に選択肢はないぞ、と言いたいときに使用できます。

例:

Ou vous arrêtez la musique, ou j’appelle la police.
音楽止めるか、私が警察呼ぶかどっちかですよ。

Ou tu fais ce que je te demande ou bien je demande à quelqu’un d’autre.
私が頼んだことやってちょうだいよ、さもなければ他の人に頼む。

ミニクイズ

/
Si un voisin fait trop de bruit, il est possible…
文章に続く正しい選択肢を選んでください。
次から正しい文法的に文章を選んでください。
C’est le dernier jour des soldes…
文法的に正しい文章を選んでください。
答えを確認する

体験レッスンで、今回勉強したことの続きを学んでみませんか?

体験は完全無料です。予約フォーム内の自由記入欄に、リクエストを記載いただければ、体験レッスンの内容をある程度カスタマイズすることができます。
ぜひこの機会にお試しください。

フランス語体験レッスンのご予約はこちら

はじめてなのに、通じる。
そんな感覚を、初回体験レッスンから。

経験のある方は、
今後の学習に対するヒントが必ず得られます。

都内教室またはオンラインで受講いただけます。
ご希望の教室をクリックしてください。

オンライン
阿佐ケ谷
自由が丘
表参道